1. Top » 
  2. 2007年04月
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ちゅーちゅーのその後

「門脈体循環シャント(Portosystemic Shunt)」の可能性があったちゅーちゅー。

sonogo1.jpg
ほんまにまったくえらいこっちゃやったわ。

*門脈シャントを簡単に説明すると、アンモニア、毒素などを含んだ血が、普通は肝臓を通り、その中で浄化され身体の全身に回るはずが、その辺りにある血管が変にそれている為に、肝臓を通らず、アンモニア、毒素を含んだまま全身に血がまわってしまうという病気です。

もう一度血液検査をして、それから頭と腹部のMRIに挑む予定だったのですが・・・なんと血液検査の結果がとても良く、シャントの可能性は限りなく少ないので、今のところは6ヶ月から1年に一度の血液検査をして様子を伺うという事になりました!


sonogo2.jpg
そうやがな、兄ちゃん!いいニュースやろ?



絶対良くなると信じてきた私達、手作り食をはじめ、健康管理をきちんとしてきたのが良かったのではないかなーなんて思ってます。

健康管理においては、おなじみ「わんこのきもち」のsakicoさんと栄養士のmotomiさんに大変お世話になりました。

肝臓病、シャント用の手作り食を作るのが正直怖かった私です。間違ったものを食べさせて、ちゅーちゅーの病状を悪化させるような気がしてものすごく不安になっていました。


獣医さんに勧められた「サイエンスダイエット」の肝臓用処方食を食べさせつつ、やっぱりどうしても納得がいかなかった。

sonogo4.jpg
おう。

そんな時もsakicoさんが色々と教えてくれたり、励ましてくれたりして手作り食を復活、続ける事ができました。結果として、それが一番よかったのではないか、と感じています。水分たっぷりのおじやは、ちゅーちゅーが出さなければならなかった毒素をおしっこやうんちといっしょに沢山出してくれたんですよね。

sonogo3.jpg
母ちゃんの愛情たっぷりやっちゅーねん。


「わんこのきもち」のお二人にこの場をお借りして、心からお礼申し上げます。






【愛犬の健康を考える専門家】
訪問型トータルドッグケア・わんこのきもち
カウンセリング◆ドッグアロマケア◆ドッグ指圧マッサージ◆食事・栄養アドバイス◆ケア関連機関◆専門家の紹介◆ケア商品の販売◆手作りごはん&おやつ類ネット販売
ちゅーちゅーもお世話になっとります。Sakicoさんありがとね。
わんこのきもち


  • Genre:

決別そして自立の時

以前のブログからの皮を捨てて、また新しく出発をしようと思った理由はいろいろあります。(デザイン大して変わってないけどね、うふ。)

現在の一部の愛護団体の影響で、規模の大小にかかわらず誠実に活動している愛護団体にまでその不信感が影響してしまう事、またはその問題ばかりに感情が集中してしまう事を何とか防ぎたいと思い、ここに私の気持ちを書きます。

今私達が集中すべき事は、愛護団体への集中(賛否両論あるかとは思いますが)ではないのです。誰かを批判したり、評価したりいう事は簡単な事です。口を開けばいいだけのことですもん。


今必要なのは、私やあなた一人一人が自立した考えを持ち、大きかれ小さかれ行動に移す事です。


「じゃあどんな行動をすればいいの?」


それは自分で考える事です。



それを考えるのが自立への道ではないでしょうか。



そしてそれを自分で考える過程が大切なのでは?



「犬が飼いたいなー。」って言っている友達に、「里親募集しているところがあるよ。」って教えてあげること。ペットショップでの犬の販売にある裏の悲惨な状況を教えてあげる事、これも立派な行動です。


皆がそういう行動に集中すれば、その輪は絶対に広がって行くんです。


反対に愛護団体への不信感にばっかり集中していると、世の中そんな事しか見えなくなります。


世の中まだまだいけるんです。


ここで「ああーもう何も、誰も信用できないわー!」なんて悲観にくれている必要はまったくないんですよ。


私達一人一人が自立した精神を持ち、いろんな事を学び、良い事をしてゆく事によって、この素晴らしい輪は絶対広がってゆくんです。


諦めないで、前に進んでゆこうね。


aiyo.jpg





【愛犬の健康を考える専門家】
訪問型トータルドッグケア・わんこのきもち
カウンセリング◆ドッグアロマケア◆ドッグ指圧マッサージ◆食事・栄養アドバイス◆ケア関連機関◆専門家の紹介◆ケア商品の販売◆手作りごはん&おやつ類ネット販売
ちゅーちゅーもお世話になっとります。Sakicoさんありがとね。
わんこのきもち


自己紹介

ちゅーちゅー、オスのチワワ
2004年10月生まれ

【2004年】
米国アーカンソー州のブリーダー宅にて誕生。
どういう経過かは分からないが、NY州に住む元飼い主と過ごす。
【2005年】
前の飼い主の都合により、愛護動物協会に引き渡されたその時に、ちょうどそこで犬を探していた父さんと母さんに抜群のタイミングで出会う。
ちゅーちゅーの愛護協会の滞在時間約30分で終わる。

性格:超内弁慶、外面がものすごく良い為、獣医さんでは看護婦さんから黄色い声援が上がる程、評判がいい。頑固なところもある。たまに、ぷちっと切れる。

体重:約2.5キロ

お気に入り:カエルのぬいぐるみ(ゴミ箱入り)、ハリネズミのぬいぐるみ(ゴミ箱入り)、ダックちゃん(ゴミ箱入り)、父さんの高級靴下。

好き:父さんの膝の上、母さんからの全身マッサージ、おやつ。

嫌い:寒い事、雨、強風、お留守番。


パンプキン、メスのMIX犬
2004年5月生まれ

パンプキン

【2004年】
5月誕生。詳しい情報は不明。
【2007年】
ドライアイの治療(毎日目薬をうつ事)がなされず、動物愛護団体に引き取られた際には右目の摘出手術をしなければならないほど悪くなっていた。摘出手術から一ヵ月後の11月1日、ちゅーちゅーの父・母にシリコンバレー動物愛護団体にて出会う。彼女の控えめな性格と、女の子であるという事、先住犬のちゅーちゅーとの相性も合うという事で、我が家の一員となった。


性格:シャイ、甘えん坊、おっとりさん。

体重:約5キロ

お気に入り:母ちゃん。手作りごはん。お昼寝。

好き:母ちゃん&父ちゃん。

嫌い:嫌いという訳ではないが、知らない人、他の犬を怖がる。大きな音。

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2007年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。