1. Top » 
  2. 2010年08月
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

お知らせ♥ボランティア募集中

ものすごーく久しぶりの更新になってしまいました・・・汗


お知らせがあります。



以前にもこのブログで不幸な動物達の数を減らすには、
私たちの将来である子供達の教育が大切です。って書いてきた訳ですが、
このたび縁あって出会った米国メリーランド州のボルチモアに
お住まいの日本人の方に声をかけてもらい、まずはアメリカにて
NPO団体「Sunshine Smile」を立ち上げることになりました。

Sunshine Smile



主な活動内容は幼稚園や小学校、教会に出向き、
子どもたちに動物の適正飼育を絵本や紙芝居、人形劇で伝えたり、
また実際に動物に触れることにより博愛精神を育むことを目的としています。

将来的には日本や他国にも活動の幅を広げる予定ですが、
まずは本拠地であるアメリカで活動を確立したいと思います。

日本に比べると動物愛護においては先進国と言われているアメリカですが、
実際には毎日ものすごい数の犬や猫達が理由にもならない理由から
シェルターに連れてこられ、新しい飼い主が見つからないまま
処分(殺されて)されています。

どれだけレスキュー団体の人達が頑張っても、とても追いつける数ではありません。
今ではレスキュー団体にいらない犬を持ち込めば、罪悪感なしに犬を捨てられると
思う方もいるらしく、まさに悪循環の輪が広がっていました。

この悪循環を止めるのは、これからの世界を作ってゆく今の子供達です。
動物達にもそれぞれ感情があり、痛みも感じ、血の流れる大切な仲間であるという事実を
「思い出して」もらうお手伝いをする団体を作っていこうと思ってます。

そこで日本、アメリカ、ボルチモア、世界中から、以下のボランティアを募集しています。

事務
通訳
翻訳
イラストレーター(絵本など)
(絵本の)ストーリーを作る人、
パペット(人形劇の人形)を作る手伝いをしてくれる人
アイデアを提供してくれる人
イベントの司会進行、車や移動のお手伝い
何ができるかわからないけど賛同者

英語ができる、できないはまったく問いません。私に何かできるのかなーって不安に思う方もどうぞ気軽にメールください。

ボランティア希望の方はこちらのメールフォームにてどうぞ!
http://ja.sunshinesmile.org/contact-volunteer/


現在Sunshine Smileの正式ウェブサイトを製作中ですが、一時的に大体の情報を載せるサイトも作ってありますのでもし良ければどうぞ。情報はでき次第随時更新してゆきます。
http://ja.sunshinesmile.org/(日本語)
http://sunshinesmile.org/(英語)

ツイッター

ツイッターも作りました。最新ニュース、ボランティア募集などの更新はこちらからどうぞ!フォローミー!
http://twitter.com/sunshinesmilejp(日本語)
http://twitter.com/sunshinesmileus(英語)







ちゅーちゅー&パンプキンのツイッターやってます。フォローミー!
わたしのぶつやきツイッターにフォローミー!
twitter.com/chuchupumpkin
*フォローするには、自分もツイッターのアカウントを持たないとフォローできません。これが結構楽しいですよ!





忘れないで!悪徳ブリーダーが存在するのは、ペットショップやネットで動物を買う人がいるから。私は動物を売っているペットショップでは買い物をしません。



同盟バナー緑枠動画

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2010年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。