1. Top » 
  2. 2011年08月
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

う○ちに見えるもの。。。

日本の姉からもらった可愛いドーナツのオモチャ

ちゅーちゅーのサイズにぴったりで、超ご機嫌で遊んでます。





これはフレンチクルーラーかな?



その他にも可愛いのが色々

doughnuts.jpg

でもこの中に1つ、部屋に転がっていると

私たちをドキ っ!!っとさせるものがあります。



それは・・・・











これ・・・


unchi.jpg


そう、これがひとつカーペットの上に


コロっと転がってたりするんです。


その度にドキッーーーー!!!



あー、びっくりした。







犬を知る!第4回目「犬と朝の散歩」






にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

たぁーっ!バンザイをする子猫

最近ユーチューブで見つけてしまいました。
ハートをズキューンとやられた!

母猫さんも兄弟も見当たらない中、
生後一週間半程の所を保護されて
こちらの家庭に来そうです。

名前は「おはぎ」ちゃん。

むひー!かわいい。
赤ちゃん特有のピンクでテカテカの肉Q!
あふーーー!



こちらの素敵なご家族は福島県にお住まいの方で、
震災で保護された2匹のチワワも引き取り、
その他にも沢山のニャンコちゃん達と暮らしてらっしゃる様です。

またお越し下さいませ」というブログもお持ちのようです。

このブログには可愛いわんにゃん達が満載。
「おはぎ」ちゃんの動画もたっぷり

美味しそうなお料理も沢山載っています。
なんて素敵な家族なんだー!




犬を知る!第4回目「犬と朝の散歩」






にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ



【米国発】連載コラボ企画 犬を知る!第4回目:犬と朝の散歩

お待たせしました~!

いつもより遅くなりましたが、
Big Tree for Animalsにて連載しているコラム
「犬を知る!」の第4回目をアップしました。

このコラムでコラボさせてもらっている
ドッグ・スペシャリストの麻穂さんの愛犬ジュリエットさんが、
7月25日に虹の橋に。。。

詳しくは麻穂さんのブログ「犬のこころ」にて。

この記事の編集をしていた今日は彼女の旅立ちからちょうど一ヶ月。。。
(米国は本日は8月25日です)

お散歩が大好きだったジュリエットさんと
麻穂さんにぴったりなトピックだし、
これは何かのメッセージだと強く感じたので、
この記事を天国のジュリエットさんに捧げさせて頂きました。

自分の愛犬がどれだけ幸せで満たされた一生を
過ごしたと分かっていても、やっぱり辛い別れ。
人ごととは思えません。その魂は永遠だと分かっていても、
昨日までそこに寝ていた暖かい身体、
大好きだった匂いが嗅げないのは辛いね。

そんな事を思っていると、
動物達が私たちに注いでくれるものすごーーーくピュアな愛情を
自分のハートでものすごく感じる事ができて、涙がでます。

動物さん達、ありがとう。



犬を知る!第4回目「犬と朝の散歩」




パブコメ締め切り近し!
動物達の未来を決めるパブリックコメントは8月27日必着です。是非ご参加ください:
パブリックコメントについての詳細やパブリックコメントの書き方例




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

【米国発】カリフォルニア州:公共の場所での生体販売を禁止

People for the Ethical Treatment of Animals (PETA)に載っていた記事『Putting a Leash on Animal Sales』を訳しました。ちなみに、私は特別にこれといってPETAさんを支持しているという事ではありませんが、時には過激なキャンペーンで知られる彼らの活動も、私の大好きな動物達を助けてくれている部分も多々ありますので、感謝と尊敬の念は持っています。




『生体販売に待った』

カリフォルニア州の議員達は、欲深いブリーダー達から動物達を守るため、大きな第一歩を踏み出しました。この画期的な新しい法律は、動物を公共の場所、つまり駐車場、道ばたなどで販売する事を禁止するものです。またブリーダー達がインターネット上で探し出した『動物の買い手』と中立の場所で落ち合い、販売の取引をする事も禁止にしました。この法律は、動物のケアなどの放棄に関しての刑罰に関しても、動物虐待への刑罰と同じ程に重くするという事でもあります。

我々はこの法律が窮屈で、粗雑で、非常に不潔な状況に動物達がおかれている事を消費者から隠してきたパピーミルの運営の妨げになる事を望んでいます。パピーミルの秘密捜査は、寒さや暑さから一切守られず、獣医からのケアはもちろん、ひどい目やに、耳の炎症、ひどい皮膚病、ワイヤーで出来た床に長時間立っている事からできる足の怪我の悪化、腫瘍などを記録しています。また捜査官達はパピーミルの犬達は「ケンネル・クレイジー」とよばれる行動ーケージの中を止まることなく永遠に回り続けるーをも記録しています。

この法律制定の可能性のある有利点は、予定外で産まれてしまった動物を「売って」そこから利益を得ようとする機会を奪う事ができたり、産まれてしまった動物を信頼のおける動物愛護団体に引き取ってもらうという方法を促す事もできます。信頼のおける動物愛護団体に引き取られた子犬(または子猫達)はそこできちんとした獣医からの診察などのケアをうけ、避妊/去勢手術をしてもらい、虐待したり、飼育放棄する確率の少ない、動物を飼う準備が整った安全な新しい飼い主を探してもらう事ができます。

ペットショップやブリーダーから動物を買うのではなく、信頼のおける愛護団体やレスキュー団体から動物を譲渡してもらうという選択をする事で、動物達を虐待から守る事ができます。もしあなたが虐待や飼育放棄の可能性のある状況にであったら、直ちに関係当局に報告して下さい。もしかしたらあなたがその動物を今後も続いていたかもしれない苦しみから救い出す事ができるその人なのかもしれません。





まず、日本語訳下手くそでごめんなしゃい。なんかとっても分かりにくい訳のような気がする・・・。

さてさて、このニュースはカリフォルニア州の住人として嬉しい事です!

日本でも今5年に一回の動物愛護法の改正時期

私もパブリックコメントも送らせて頂きました。

超分かりやすい「パブリックコメントの送り方」サイトが

ありますので、是非参考になさってくださーい!


パブリックコメントについての詳細やパブリックコメントの書き方例




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2011年08月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。