1. Top » 
  2. 2012年03月
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

動物先生と私の学び

動物愛護活動してるからって、
ベジタリアン、菜食、ビーガンやからって、
顔の見えないインターネット上やからって、
他の人を中傷批判する権利はないと思わへん?

うちにとって、人生の師は動物。
動物は純粋無垢で、意地悪な心なんてこれっぽっちもない
ピュアな心を持っている。

でも動物はそんな完璧な存在やからって、
相手を色眼鏡で見て、
自分の思想に合わないからといって、
あーだーこーだ言ったり、
いやみな事いったり、
相手をコントロールしようとしないから。

うちらが動物達からホンマに学ばんとあかんのは、
菜食になる事でもなく、
「可哀想な」動物をレスキューする事でもない。

(もちろん、そうするな、という事ではないよ。
時代は菜食へ、動物を愛する時代に移行して行くと思う。)

自分の意思や価値観に反する事をする相手や、
完璧でいようとする自分に対するジャッジメントを捨て去り、
相手や自分をどれだけ互いを愛せるか、
そのままを愛せるか。
そうすれば、
自然にこの世は人間にとっても、
動物になっても住み良い世界になるよ。


そんな私も今、怒りを手放そうと努力しています。
手放すのは苦しいね。

手放すと、許したくもない人達を許さないとあかんから。

ホントは、傷ついた子供の頃や若い頃の自分に代わって、
相手を怒鳴り散らしてやりたい。

でも相手を満足するまで怒鳴り散らして、
傷つけて、ホントにそれでいいのか?
頭の中の整理をする為に
今セラピーセッションを受けているんですが、
セラピストさんによると「相手を許す」という行為に「相手」はいらないそう。

全部自分の中で処理できるんやってー。

「どんなにコントロールしようとも、相手は変えられない。」でも「相手に対する自分のリアクションは変えられる。」って・・・。

まだまだ修行が必要やけど、とにかく私は動物先生を見本に生きたい。



Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。