1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 署名の変更について
  4. 動物愛護 » 
  5. 署名の変更について
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

署名の変更について

前回このブログでもお願いした署名について「被災地動物情報のブログさん」より訂正と変更がありましたので、報告します。災害時に72時間で収容動物を殺処分にする事はないそうです。現在内容変更に時間がかかるという事で、私の所に付けていた署名へのブログパーツは外しました。また正式に変更が受理されたら復活させます。ご迷惑をおかけしています!

内容の訂正/変更に関してですが、5つの提案から最初の2項目(【1】災害時の保健所収容動物の収容期限の延期と【2】飼い主以外の引き取りを認めない自治体さんへの提案。)を消し、その他の項目を残す合計3項目になるようです。残った項目は以下の通りです:

1】保健所の収容動物情報のオンライン公開。
多くの自治体さんでは保健所に収容されている動物の、特に猫の情報を公開していません。収容動物の情報がオンラインで公開されれば、被災地の飼い主さんに代わって他の地域に住む家族や友達がペット探しをすることが出来ます。
「個人情報保護」や「猫は写真でも区別がつきにくい」「収容される動物の数に職員が対応できない」など、様々な理由があると思いますが、日本より国土が25倍広く、収容動物の数が20倍あるアメリカでも、全米の保健所や動物愛護団体の収容動物を一度に観覧できるウェブサイトが
いくつも存在しています。現在も環境省で収容動物データ検索サイト」が存在しています。しかし登録している自治体さんはわずかです。それを任意ではなく全自治体の義務として、飼い主さんと迷子ペットやホームレスアニマルを繋ぐライフラインとして機能することを求めます。

【参考URL】
・アメリカの動物検索サイト
http://www.petharbor.com/
http://www.dogsindanger.com/
http://www.petfinder.com/
http://www.adoptapet.com/
http://www.pets911.com/
・環境省収容動物データー検索サイト
http://jawn.env.go.jp/


2】国を挙げてマイクロチップの推奨を
アメリカでは迷子ペットが飼い主さんの元へ返るのに、直接的な効果があるとしてマイクロチップがかなり浸透しています。自治体ではマイクロチップの普及に向け格安で施術していたり、また保健所から譲渡される動物には避妊/虚勢と同時にマイクロチップの装着が義務付けられています。日本では「マイクロチップは動物に痛みを与える」と嫌煙されがちですが、飼い主さんの元に帰れなかった動物ははるかに不幸です。災害時の迷子ペットを未然に防ぐのも大事ですが、その被害を最小限におさえるため、日ごろからマイクロチップの推奨と国民への普及へ国を挙げて取り組んでいただければと希望します。

3】災害時に備えての手引の作成
マイクロチップの普及を含む、災害に役立つ飼い主さんへのマニュアルの作成。自治体の連絡先の一覧や、ペットとの避難に必要な情報を記載した手引きを作成し、オンラインでダウンロード出来たり、各自治体に配布していただき災害に備えていただくことをを願います。

この3つだけでも、今後の日本にはとても役に立つ事だと思いますので、私は引き続き応援しています。

署名の方は、この内容が変更した後にお願いします。変更終了、または、新しい署名を作成する必要のあった際などには、また「被災地動物情報のブログさん」よりお知らせがあるかと思います。その際は、またこちらでものせますね!

以下「被災地動物情報のブログさん」に載っていた文章の転載です:



●署名に参加していただいている皆さんへ

(3/19)に緊急災害時動物救援本部様より、

「阪神大震災以降、
被災地での動物の殺処分は行わない」

と発表がありました。

署名を開始する前に
東京都と被災地を除く道府県知事様に提案書をお送りした際、
いくつかの県から
「以後検討します」と言うお返事がありましたので、
署名の内容に書かれた5つの提案書のひとつに、
「災害時の保健所収容動物への対応」として、
通常業務で行われております72時間の期限を
災害時には延長を求める提案を求めていましたが、
それを削除し、

「国を挙げてのマイクロチップの推奨と推進」
「オンラインでの保健所収容動物の情報公開」
「災害時に備えての動物の手引の作成」

の3つを提案したいと思います。

また
「飼い主さん以外の引き取りを許可していない自治体さんへの
被災時の愛護団体さんへの委託預かり&譲渡の希望」
に関しましては、災害時にどのような対応をされるのか
自治体さんの数が多すぎて把握できませんので、
この署名からは削除したいと思います。

現在、「署名TV」さんに
署名サイトの提案書の変更をお願いしていますが、
反映までには時間がかかると思います。
またその時にどのような処置がとられるか
(提案書そのものが削除され、新たに提案するのかどうか)
現時点ではわかりませんが、
3つの提案に変更された場合、
署名の棄却をご希望の方はお手数ですが、
改めてこちらのブログでお伝えします方法に従って
削除要請を願いますようよろしくお願いします。

ご迷惑をおかけして
大変申し訳ありませんでした。

※この件に関するお問い合わせ
info@dear-paws.com

関連記事

コメントありがと~!

コメントフォーム
この記事にコメントを書く
(必須) HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
非公開コメントにする

Page Top

Trackback

トラックバック URI
http://chuchudegozaru.blog102.fc2.com/tb.php/115-fcb62102 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。