1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. フォスター(一時預かり)の大切さ・素晴らしさ:パート1
  4. Big Tree For Animals » 
  5. フォスター(一時預かり)の大切さ・素晴らしさ:パート1
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

フォスター(一時預かり)の大切さ・素晴らしさ:パート1

フォスター(一時預かりのボランティア)の大切さをお話しする前に、まず現在におけるアメリカのシェルターのシステムについて説明させて下さい。このシステムを理解すればフォスターをする事がどれほどの命を救う事になるのか分かって頂けると思います。ここではアメリカでの話しを例に出していますが、日本においてもフォスターの大切さは変わりませんので、十分参考にして頂けると思います。*尚、全米には沢山の愛護団体、シェルター、保健所があります。例外や違うシステムの所もあるかと思います事をご理解ください。

自治体運営の保健所(ハイキル:殺処分率が高い)
基本的に「保健所(下の図:青い建物参照)」には、飼い主の飼育放棄、野良犬・猫、迷い犬・猫(その他の動物も含まれていますが、ここでは省略します。)など、ここに持ち込まれたり入ったりしてくる全ての動物を100%受け入れる義務があります。ですからここのシェルターはいつも満杯であり、殺処分の率がとても高くなってしまうのです。こういった自治体運営の保健所は「ハイキルシェルター」として非難されるケースもありますが、ほとんどの場合それは誤解であり、非難する人達はこういった状況を知らない場合が多いのです(なぜ保健所がこんなに動物であふれているのか=捨てる人間がいるから)。確かに中には、罪悪感もなく殺処分をする心ないスタッフや保健所もあるかもしれませんが、私の知っている保健所では、ボランティアやスタッフがウェブサイトに動物の写真を掲載したり、地元の愛護団体と頻繁にメールなどで交渉し、一匹でも多く引き取ってもらえるような努力をしています。ですがそんな努力もむなしく、あまりにも入ってくる動物の数が多すぎて到底追いつかず、まったく健康で、性質も良い子なのに安楽死せざるを得ない動物達を前に、涙を流すスタッフも沢山いると聞きます。

続きはBig Tree for Animals よりどうぞ~☆




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ



忘れないで!悪徳ブリーダーが存在するのは、ペットショップやネットで動物を買う人がいるから。私は動物を売っているペットショップでは買い物をしません。



同盟バナー緑枠動画


関連記事

コメントありがと~!

こんにちわ!

こんにちわ!

アメリカで私のアニマルレスキューで アニマルケア テクニシャンとして働いてます。
はい、処分もしてます。 辛いです。でも嫌いな人がするのであれば、私がします。

自分でも特に処分寸前の老犬や老猫をひきとってますね。
Fostaerも最近では小犬などをしてました。 今度は20匹ぐらい子猫が来そうです。。(^_^;)

ほんと、Pet Shopとかで動物を売るの禁止にしてほしい。。特に日本! ONLINEとかでも売られてますよね。 後は悪質なブリーダー! 

いつか、処分することがなくなるようにしたいですね。。

  • Gumi Bear [#-] |
  • URL |
  • 2011 06/09 (Thu) 21:57
★Gumi Bearさんへ★

こんにちわ~!コメントありがとうございました★
今ブログちらっとおじゃましたら、サンタロサ!そこってBrightHaven.orgのあるとこですよね。大好きな場所です。シェルターですか?私はノーキルの愛護団体にてボランティアですが、シェルターのボラさんやスタッフ(ローキル&ハイキル)は、大変だ、辛いだろうなと思い、かなり尊敬しています。今回の震災は、動物関係において、日本人を変えてくれると思ってます。希望を持って行きたいです。これからブログお邪魔しますね。

  • ちゅーちゅー&パンプキンの母 [#-] |
  • URL |
  • 2011 06/09 (Thu) 23:09
コメントフォーム
この記事にコメントを書く
(必須) HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
非公開コメントにする

Page Top

Trackback

トラックバック URI
http://chuchudegozaru.blog102.fc2.com/tb.php/129-e16de480 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。