1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 里親になれる方募集
  4. 動物愛護 » 
  5. 里親になれる方募集
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

里親になれる方募集

【最新情報】4月26日現在、事情により現在ギャルちゃんの里親募集は停止になっています。くわしくはちょこままさんのブログにて・・・。引き続き寄付は募集中。是非応援してあげたいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブログのお友達であるfukuさんの「気まぐれくり姫とウィリアム王子の秘密日記」にて、里親募集が掲載されていました。彼女のお友達のブログ「ムクムク絵日記」にオリジナルが載っているようです。

以下ブログからコピーをそのまま掲載します:





3月26日 チョコママがトイプードルの女の子を保護しました。

保護した時は、身体がベトベト、お尻が血だらけ、かなりひどい状態でした。

知り合いの方に綺麗にトリミングしてもらってから、病院へ。

獣医さんが仰るには ブリーダーの放棄犬ではないかとのこと。
 
 ・乳腺腫瘍あり
 ・お尻周りただれてる
 ・右手が度重なる出産の為栄養不足にて奇形(歩くことに支障なし)
 ・ヘルニア
 ・耳、炎症
 ・歯、奥歯なし

 体重 4.6キロ
 年齢 推定 5~6歳


adoption_garu_chan.jpg
ギャルちゃん

かなりの回数を出産させられたようです。

足腰がポキポキなって抱くのが怖いくらいでした。
相当足腰に負担がかかったかと思われます。

指が開いて肉球が平たくなっています。

網の上にずっと乗せられていたのではないかという事でした。



こんなになるまで出産させられて、身体はボロボロ、
あげくのはてに捨てられるとは・・・


でも人懐こくてとてもよい子です。

ただ声が出ません。

おそらく声帯をつぶされているかもしれません。

ギャルのように元気になってほしいと”ギャルちゃん”と呼んでいます。


こんな訳ありのギャルちゃんの里親にどなたかなって頂けないでしょうか。


どうか宜しくお願い致します。



少しでも里親になってもいいかな・・・と思う方へ

 ・最後まで必ず見て下さる方
 ・何度も交配させられたため男のワンちゃんを怖がります
   できれば先住犬のいないお家
   いてもギャルちゃんを受けていれてくれる優しいワンちゃんならOKです。
 ・お留守番の少ないお家

 ・関東近県の方
 

以上の条件をクリアされた方

コメントと共にメールアドレスをメールアドレス欄に入れて下さい。
このページには表示されませんのでご安心下さい。

宜しくお願い致します  


adoption_garu_chan2.jpg







以上、ギャルちゃんを最後まで愛せるという方は、「ムクムク絵日記」の管理人じんみさんのブログのコメント欄にコメントとメールアドレスを入れて下さいという事です。このリンクからじんみさんのコメント欄に飛びます

ギャルちゃん、幸せになってね。

ギャルちゃんとご縁のある方は絶対にいるはず。


これが、ペットストアで犬を買うという裏にある事実。
私の犬もペットストアで買いましたという方を責めるつもりは一切ありません。
私も子供の頃そんな事実を知らずに、ペットストアにいる動物達を見つめていたひとりです。

ただこの事実を知った以上、次に犬を飼う時には違うオプションを考えて欲しいな、と願います。

世界中の動物と愛を分かち合おうじゃーないか、おう!!



関連記事

コメントありがと~!

全く、儲けただけ儲けて、捨てるなんて、なんてひどいブリーダーでしょうか。ギャルちゃん、幸せになってねー。かわいい子ですよねー。
ちゅーちゅー母さん、今朝、雪が積もりましたよー。この天気、どうなっているんでしょうか。

  • ルアナ [#ykpXI.f.] |
  • URL |
  • 2008 03/28 (Fri) 10:33
  • Edit

さっそく記事にして下さってありがとうございます。
ちゅーちゅー&パンプキン母ちゃんのブログで載せてもらえると心強いです!

ギャルちゃん、かなり辛い思いをしてきているらしいですが、愛くるしいお顔していますよね。
優しい家族が見つかって、今までの分を取り返して欲しいと思います。

娘の友達がダックスをペットショップから家族に迎えたんです。ペットショップからは買わないでね。と言っておいたですが、やはりどうしてもショップで目があってしまうと駄目なんでしょうね。
その子が、家に来た時からずっと病院通いしているんです。その子、もし友人の家の子にならなかったらどうなっていたんだろうと思うと・・・友人の家の子になって良かったぁと思います。
ペットショップに苦情の電話を入れたら、新しく変わった店長さんが返金と誤りに来たというのですが、とても複雑な気持ちでした。

ほんとうに悪徳ブリーダー、ペットショップがなくなって欲しいです。

  • fuku [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/28 (Fri) 16:33
ありがとうございます

fukuさんのところから来ましたじんみです。
この度は、里親募集を掲載して下さりありがとうございます。
少しでも多くの方の目に止まって頂けたらと思います。

ところで可愛いワンちゃんたちですね。
ここを開くなり思わず「可愛い~♪」とニマニマしておりました(o^-^o)

  • じんみ [#E0P7TXCk] |
  • URL |
  • 2008 03/29 (Sat) 13:59
  • Edit

ひ~~~~~!もうかわいそうでかわいそうで、泣きながら読みました・・・。
そんなブリーダーには「GO TO HELL!」と怒鳴りつけたやりたい気分だわっ!!

最近ホントに涙の止まらないこの手の話が多すぎます。
でも、何の手助けもできない自分が腹立たしくさえ思います・・・。

  • とんがりねずみ [#IHLSsbW6] |
  • URL |
  • 2008 03/29 (Sat) 16:41
  • Edit

私も1匹目の犬はペットショップから買ってしまいました。
全くこう言う裏側を知らなくて、その後ペットショップから買った事を心から後悔しました。
2匹目を飼う時には迷わずShelterに駆け込みました。

1人でも多くの人が、ちゅーちゅーさんや他の方のブログで、他にもチョイスがある事と、ペットショップでの見えない犬の被害が伝わるといいな、と思います。
ギャルちゃん、幸せになれるよ、これから。

  • QT's Mom [#-] |
  • URL |
  • 2008 03/30 (Sun) 16:35
★コメントありがとうございます★

★ルアナさま★
そうですよね。いったいどういう頭の構造になっているのか、不思議です。ポートランドは雪でしたか。今頃はきっと春めいているのかなー?

★fukuさま★
そうですね。まずは消費者の教育と、法律を変える事が必要なのかなー。あと、保健所またシェルターでのシステムを改善する事。色々ありますね。一人一人が変えてゆけば、皆変わってゆくと信じてます。

★じんみさま★
載せて下さってありがとうございます。ギャルちゃんが素敵な家庭で幸せな残りの犬生を過ごせる事、心の底から祈ってます。

★とんがりねずみさま★
私も同じ気持ちです。とんがりねずみさんにもできる事ありますよ~♪それは、周りにいる友達や家族にこの事実を伝えてゆく事です。そして、犬を飼う時には、シェルターからアダプトする事もあり得るという事を知ってもらう事などなど。どうぞよろしくお願いします。

★QT's Momさま★
「真実を知る事」によって人は変わってゆくと信じてます。日本のシェルターもアメリカのSPCA やHumaine Societyのようなレベルに上げてゆけるといいですね。そうすれば、もっとイメージアップして、里親になる人も増えるかな・・。

  • ちゅーちゅー&パンプキンの母 [#-] |
  • URL |
  • 2008 04/08 (Tue) 07:30
コメントフォーム
この記事にコメントを書く
(必須) HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
非公開コメントにする

Page Top

Trackback

トラックバック URI
http://chuchudegozaru.blog102.fc2.com/tb.php/33-8eb2211c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。