1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. プロだからこそ
  4. 母ちゃんのひとり言 » 
  5. プロだからこそ
Big Tree for Animals

Big Tree for Animals新しくポータルサイトを作りました。大きな目標はありますが、その時にあわせて進化し続けるサイトになりそうです。Big Tree for Animalsー意味は大きな木の下で動物達の心の声をシェアするという意味です。色んな分野でのプロ、または経験者、体験者の方々にインタビューして皆さんに情報提供をします♫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

プロだからこそ

愛犬の健康を考えたりするプロフェッショナルさんたち、例えば獣医さんであったり、トリマーさんであったり、犬の健康栄養士さんであったり、何かしら動物の事でお金を頂いているプロの方に私が願う事があります。



母ちゃん喜ばすために一緒に寝たったわい。



そういう素晴らしい職業についてらっしゃる方々こそに、ペットショップで犬を買うという事がどういう事なのかをしっかりと自覚して活動して頂きたいと思います。個人的に、私はペットショップで犬を買うプロの方をプロとして見れないですなー、はっきり言って。(言っちゃった!)



お花畑でおしっこぴー!


ブリーダーさんにもお願いしたい。



「ブリーダーという職業には犬種の血をまもるという大切な任務があります。」



という方もいますが、現在ペットショップやブリーダーであふれるこの社会に、これ以上「その犬種を守るんだー!」という必要性がありますでしょうか?



ブリーダーというものは各国に10コあればいいと思います(例えばの話ですが)。ホントに犬種を守りだけなのであれば。。。



悪徳ブリーダーじゃなければ良いという問題ではないと思うんです。





アニマルレスキュー団体のイベントにて、微妙なしっぽぷりぷりを見せるちゅー太郎さん(ちゅーちゅー)。





私はブリーダーさんが悪い事をしていると言ってる訳ではないんです、もちろん。



その犬種が大好きで、その子達を育ててゆくのが楽しいし、お客さんにも喜んでもらえるし、そういうきっかけで始められてんだと思います。



ただ、本当に自分の心に正直になって、世界の状況とか日本の保健所状況とか考えた時に、今この世に子犬達(または子猫達)を産み出す必要性がありますか?って事なんです。



私たちがする行動には何気なく始めた事があります。



これからはその何気なく始めた行為をもう一度振り返り、私のこの行動は社会にどうやって影響されているんだろう、と考えてゆく事。大切になってきますよね。







これからこの世を生きてゆく子供達の為にも、私たち大人が、子供達のよいお手本になるような行動をめざしてゆきましょう!

これを読んで気分を害されてしまった方ごめんなさいね。


バッグブリーダーへの手紙」という記事もあります。
これを読むと、この話がどこから来ているのかお分かりかと思います。






ちゅーちゅー&パンプキンのツイッターやってます。フォローミー!
わたしのぶつやきツイッターにフォローミー!
twitter.com/chuchupumpkin
*フォローするには、自分もツイッターのアカウントを持たないとフォローできません。これが結構楽しいですよ!





忘れないで!悪徳ブリーダーが存在するのは、ペットショップやネットで動物を買う人がいるから。私は動物を売っているペットショップでは買い物をしません。



同盟バナー緑枠動画











関連記事

コメントありがと~!

私の意見

ブリーダーさんの意見もわからなくはないんですよね「この犬種の血を守る」って言う。

でも、もしブリーダーさんが譲った子達に何かあったら、100%ちゃんと引き取る(最後まで面倒を見る)ブリーダーさんだったらいいのに、と思います。
じゃなかったら結局、殺処分数は減らない。戻された子達をちゃんと責任持って面倒見る羽目になったら、ブリードする犬数も、犬種を守るための必要最低限数になると思うんですよ。
「飼い主とか親の責任」って手放すまでじゃなくて、死ぬまでだと思うんですよね。

長くなっちゃいました、すみません。

  • QTKの母 [#-] |
  • URL |
  • 2010 08/09 (Mon) 13:41
★コメントありがとう!★

★QTKの母さんへ★

そうですよねー。私もブリーダーという職種は反対ではないんです。でも今はいらないな、と極論っぽいかなと思いつつそうなっちゃうんですよね。QTKの母さんが説明するようなホントにそこまで責任持てるブリーダーって世界にも数える程しかいないですよね、きっと。。。

犬達は何にも悪くないのに「URGENT」今日までにアダプトされなかったら処分になっちゃう犬達のリスト見てると・・・。切ないですね。

  • ちゅーちゅー&パンプキンの母 [#-] |
  • URL |
  • 2010 08/09 (Mon) 16:42

なんか、私もちゃんとしているブリーダーさんに非はないと思いますよ・・・

でもちゃんとしたブリーダーさんが作った、
品評会に出す純血の犬でさえ、
型にはまった犬以外
(たとえばうちの黒柴は、眉がマロになっていないので規格外になるそうです)

不要とする意味とかわかりません・・・と
ブログに書いたら、
きちんとした型にはまっている犬なら
性格や遺伝の問題もないからという
まっとうな理由があるからだそうです・・・
品評会の意味もそこにあるそうです。

きっとそれが正しいんでしょう・・・

でも・・・でも・・・現実は
実際もうたくさんの犬が余っているじゃないですか。
これ以上わざわさ増やさなくても
欲しい人皆に行きわたるくらいいますよね・・・

  • 桃 [#I9hX1OkI] |
  • URL |
  • 2010 08/22 (Sun) 05:59
  • Edit
★コメントありがとうございました!★

人様の「職業」を否定するというのは、デリケートな事であり、その人の存在を否定するという印象を受けられる事もあるでしょうし、気持ちは分かるんですけれどね。 私個人の気持ちとしては「純血種」という犬の必要性はどうなんだ?「犬」という種類があるのは本当の意味で自然な事であって、柴犬、シェパード、ボーダーコリーなどの犬種というモノはそもそも人間が「必要だから」「欲しいと思ったから」作ったものであって、本当に神様がつくった自然なモノなのかなー。。。となると、ブリーダーさんがおっしゃる「まっとうな理由」っていうモノ自体が「人間にとって、まっとうな理由」に聞こえて来ちゃうんです。

でもこの私の考え他の人から見ると極論なんでしょうね。。。

でもこれは自信を持って言えますが、今現在の状況で、どんなブリーダーさんであろうとも、これ以上犬や猫を増やす必要はまったくないと思います。

  • ちゅーちゅー&パンプキンの母 [#-] |
  • URL |
  • 2010 08/22 (Sun) 12:02

はじめまして、ブリーダーの存在?ペットショップでの生体販売の是非とても気になるところでは有ります。持論を持ってらっしゃる方、まだ良くわからない自分の判断基準の参考にしています。ワンコ大好きってだけじゃ真実や神の意志も理解できないんでしょうね???今後も要チェックします。

  • とうたん [#-] |
  • URL |
  • 2010 09/29 (Wed) 14:16
☆コメントありがとう☆

とうたんさんへ、

コメントありがとうございます。
知識はパワーといいますか、知る事によってできる事があるというか、少なくとも自分で考えて選択する事ができると思うので、とうたんさんのように今後も要チェックと言って頂けると嬉しいです。これからも色んな現実に目を向けて、色んな事学んでゆけるといいですね♫

  • ちゅーちゅー&パンプキンの母 [#-] |
  • URL |
  • 2010 10/01 (Fri) 10:55
コメントフォーム
この記事にコメントを書く
(必須) HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
非公開コメントにする

Page Top

Trackback

トラックバック URI
http://chuchudegozaru.blog102.fc2.com/tb.php/77-60742e91 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

ブログ内検索
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
カテゴリー
いくつになったの?

リンク

24時間以内に更新されたブログには「UP」マークがついてるよ!

メールフォーム

お気軽にメールちょうだいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

来てくれてありがとう♪

いいお話

下半身麻痺、声帯を奪われ捨てられていたウィリーが傷ついた人間の心を癒すようになったお話。このお話に出会って本当によかった。 英語版はこちらで!ちゅーちゅーに似てるからますます泣けちゃった!! ウィリーくんは2009年12月22日に、22歳で虹の橋へ・・・お疲れ様。ありがとう、ウィリーくん。元気な頃のウィリーくんの姿が動画で見れます。

現在の訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。